一日一食ダイエットのススメ!腸内フローラで腸内環境を!

一日一食ダイエットのススメ!腸内フローラで腸内環境を!

今日は私が行っている一日一食ダイエットについて話してみようと思います。

 

腸内環境を整えるのは腸内フローラを活かしながら、出来る限り便通をよくすると2キロぐらいはすぐに痩せる

 

 

 

元々私は太ってはいませんでしたが、その割には食べる量が人一倍多く、いわゆる「痩せの大食い」というやつでした。

 

 

このような大食いの人が普通の人と同じように1日3食を食べていたら、つい食べ過ぎてしまい摂取カロリーオーバーとなり太ってしまいます。

 

腸内フローラ増やし方解説※乳酸菌サプリメントで綺麗な腸内環境!

 

このサイトをどれだけ経由して腸内環境をきっちり見極めていかないといけない。腸内フローラも。

 

かといって一度に食べる量を抑えていたら今度は物足りなさを感じてしまう・・。

 

 

そんな私にピッタリのダイエット方法がこの一日一食ダイエットでした。

 

このダイエットを続けるようになってから、私の体重はとても安定するようになりました。

 

 

 

・一日一食ダイエットとは?

 

 

文字通り、一日の食事回数を1回に抑える代わりに、その1回で好きなだけ食べる事が出来るというダイエットです。

 

 

例えば普通の人の3倍の量の食事を一度に食べたとしても、食事回数が1回ならば摂取カロリー的にはイーブンで、カロリーオーバーにはならないというシンプルな考え方です。

 

ただし、食事回数を1回にするという事は、当然その一食で一日に必要な栄養素を補充しなければなりません。

 

食事内容のバランスには注意が必要です。

 

 

お菓子やファーストフードのドカ食いなどではなく、しっかり「主食」「主菜」「副菜」のバランスを配慮する事が望ましいです。

 

 

 

 

・一日一食ダイエットのメリットは?

 

このダイエットでは「食事は一日に一度の楽しみ」になるので、食事での幸福感を最大限に得られるというメリットがあります。

 

一日3回に分けて食べるのでは物足りないという大食いの人でも一日に一度だけなら思う存分食べる事ができるというわけです。

 

 

また、1日の食事回数が1回になれば、当然空腹の時間が長くなります。

 

食事の際には空腹状態が強まっており、味覚が鋭くなります。

 

「空腹は最大の調味料」というやつです。

 

そうすると味つけの薄い粗食であってもおいしく頂けるようになってきます。

 

 

これは普段から濃い調味料の外食などに慣れている人にとっては、味覚を一度リフレッシュできるというメリットがあります。

 

例えば食わず嫌いでこれまで避けていた食材も、味覚が鋭くなってきたら意外な美味しさに気づく、といった事もあるかもしれません。

 

 

 

また、食事の回数が減る事で歯の衛生状態が安定するようになったり、空腹時間が長引く事で消化器官を休める時間が長くとれる等といった健康面でのメリットもあります。

 

 

 

・一日一食ダイエットのデメリットは?注意点など

 

このダイエット法では、一度に食べる量が必然的に多くなるため、消化器官への負担が集中しやすい事と(その分、休める時間も長くとれますが)、食後高血糖などが起こりやすい点がデメリットだと言えます。

 

これらのリスクを減らすために、食事内容のバランスを十分に配慮する事が特に重要です。

 

糖質や脂質に偏ったり、食物繊維やビタミン、ミネラルが不足しているといった事にならないよう、気をつける必要があります。

 

不足しやすい栄養素を補うのには、サプリメントを利用するのも効果的だと思います。

 

 

また、慣れるまでは長時間の空腹に耐える事がストレスになるかもしれません。

 

一度に食べる量が多くなると大食い体質になりやすく、もしリバウンドしてしまった際には「過食症」のような状態に陥ってしまう可能性があります。

 

 

 

つまり、大食い体質になってしまうとリバウンドの際のリスクが通常以上に高くなるというわけです。

 

これもこのダイエットを続けていく上で気をつけなければならない点です。

 

このダイエットを安定させるにはそれなりの意思の強さも必要だと言えます。

 

 

・まとめ

 

一日一食ダイエットは、大食いの人でも一日に一度だけなら好きなだけ食べる幸福感が毎日得られるという嬉しいダイエット法です。

 

長時間の空腹も、慣れてさえしまえば案外耐えられるようになってくるため、そうなれば安定化もしやすいです。

 

 

 

しかし、一食の食事バランスの配慮を怠ると偏食になりやすかったり、慣れるまでは空腹がストレスになり挫折する可能性もあるため、やや人を選ぶダイエット法だと言えます。